No travel No life

神戸在住 2児の父 持ち家あり SFCホルダー 海外ETF&米国株投資

なぜFXではゼロサムになり、株運用ではプラスで継続的に運用できるのか?

先日ちょこっと書いたFXの件。

5-6年前はFXで運用しようと毎日ポチポチしていた。

調子の良い日は、○○万円ほど稼げたり。

当時の為替は結構値動きもあったため、lot数が小さくてもそれなりに儲けれていた記憶がある。 1lotが5lotへ、そして10、15、20、50lotとエスカレートして行った。

 

調子がいいときは良いのだが(当然)、やはり逆行してマイナスに転じたときに僕の取った行動が絶対的に悪かったと思う。

 

それは「ルールに伴った損切り」ができなかったことだ。

見る見るマイナスが膨らみ、時にはマイナス○○万円の含み損を持つことも。

一応ルールみたいなもの(損切りは-○pipsとか)を設定していたけど、感情をコントロールできず自動設定を外してしまう始末。

 

結局は「メンタル」をコントロールできなかった。

負けるとイライラする。そしてlotを上げて更に博打的売買を始める。

 

もちろん、バイナリーオプションでも同様の状態に笑

 

僕の性格上、このような博打的運用は向いていないと判断し、撤退しました。

 

 

その反面、株運用ではディフェンシブ運用中心でここ3年間順調である。

なぜFXでは博打に走るのに、株はここまで継続的に運用できているのか?

 

やはり「即金性」と「レバレッジ」が大きいのかと思う。

FXはレバレッジを上げると少しの値動きでも利益を出すことができる。

またスマホ画面で目に見える状態で+-がわかる。

そりゃワンクリックで、+○○万円と出ると楽して稼げちゃいますからね。

 

株運用に関しては、基本的に「レバレッジがない」「配当がある」「資産の増加には時間が必ずかかる」点がここまで続けられた理由かと思う。

 

配当が5%でも100万円運用だと、5万円。 FXで5万円なら、Lotを上げると一瞬だが、-5万円もありえる。 株の場合は、元本割れもあるが、5%が保証されている限りは確実に5万円が入る。 14年ほど保有すれば、元本分回収できるので、堅いディフェンシブ株を保有するとその可能性は高くなる。

 

かなりの大金を動かすのであれば別だが、一般的な資産運用額であれば、年間数十万ぐらいの運用益が一般的ではないだろうか。

 

FXにのめりこんでいた頃と異なり、メンタル面は安定しており、稼ぎたい病が完全に落ち着いたw

 

将来的に○億円を運用するとしても、今のままディフェンシブ株やVTIなどのETFで堅く運用して、確実に年利3-5%を狙っていき、再投資をしていくと思う。

 

FXと株運用は性質も異なることもあり、僕には株運用の方が合ったという話でした。